更年期」カテゴリーアーカイブ

アグリコン イソフラボンサプリってどれだけ体に良いの?

最近は様々なイソフラボンサプリがあります。その理由はイソフラボンに女性ホルモンであるエストロゲンと同様の効果があるからです。女性ホルモンは女性の体内において様々な機能を持っています。自律神経を整えたり、体温調節をしたり、肌代謝を促進したりなど様々な作用をしています。

しかし、更年期や不規則な生活習慣、ストレスなどを抱えるとホルモンバランスが乱れ、体調不良を引き起こしたり、自律神経が乱れることでイライラしやすくなってしまうのです。

そのため、このような症状を軽減させるためにエストロゲンと同様の効果を持つイソフラボンサプリの需要が増えているのです。

そして、イソフラボンサプリには主に2種類あります。それがグリコシド型イソフラボンサプリとアグリコン型イソフラボンサプリです。

グリコシド型イソフラボンとは我々が食品として食べる豆腐や豆乳などに含まれるイソフラボンです。

この特徴は周りが糖で覆われているため分子量が大きく、そのままでは体内に吸収されにくいということです。

そのため、更年期症状を軽減したりホルモンバランスを整えるために大豆製品を多く摂る方がいますが、あまり効果を得られない場合があります。

この型のイソフラボンに対し、吸収率が高いのがアグリコン型イソフラボンです。これは糖に覆われていないため、
分子量が小さく、吸収されやすいというメリットがあるのですが、含まれる食品となると醤油や味噌など塩分の多い食品になってしまいます。

そのため、普段の食事で多く摂取することができないのです。このアグリコン型を簡単に効率よく摂取できるようにしたのが、アグリコン型イソフラボンサプリです。

アグリコン型イソフラボンサプリなら塩分の心配をせずに吸収効率の良いイソフラボンを摂取することができます。

そのため、更年期の症状で悩んでいたり、ホルモンバランスが乱れやすい方には食事よりも効果的にイソフラボンを摂取できるアグリコン型イソフラボンサプリがおすすめです。

参考URL : アグリコン イソフラボンサプリ

更年期のストレス発散法は?

イライラというか、気分の沈みというか、なんとなく不快な感じなんですよね。
後で考えると、「なんであんなにイライラしてたのかな?」と思うんだけど、そのときは本当にイライラしてるんです。
その、イライラしてるときに、人にあたったりすると、後で考えたときに物凄く後悔します。
今、ちょっとそんな時のことを思い出して、沈みそうです…^^;
HRT療法では、そういう気分の落込みやイライラよりも、ホットフラッシュなどの身体的な症状に有効って話は聞いたことがあります。
精神的な方の症状には漢方なのかな?こういう微妙な問題はあまりネットには出てないんですよね。
だからと言って、更年期外来の先生に聞いてみても、あまりはっきりと具体的なことは言ってもらえないし、。
(私の経験上のお話です^^;)
早く、更年期おわらないかなぁーーー。

漢方薬で更年期の症状を抑える治療?

漢方薬で更年期の症状を抑える治療はかなり以前からされているものですが、利点としては副作用が少ないこと、ということを認められています。

HRT療法では期待できない症状にも期待できるという点です。

しかし、更年期障害は症状の出方も程度も千差万別なので、その人の状態にあっている漢方薬を飲まねば症状は良くなりません。

更年期の治療に漢方を考えている場合は必ず婦人科や専門の漢方医などの診察を受けて、自分で判断せずに、処方された薬を飲んでください。

更年期とされる40歳から55歳くらいまでの期間にあらわれる症状ですが、これと同じ症状が20代~30代の若い女性に、でることがあります。

他人にはわかってもらいにくい体調不良なのですが、このような症状は若年性更年期障害と呼ばれています。

何より一番多い原因として、過度のストレスの溜め込みがあります。

通常の社会活動でのストレスが要因でホルモンバランスを崩してしまいがちになります。

女性の社会進出の増加など、時代の移り変わりとともに、ストレスにさらされる女性が増えてきているからでしょう。

ホルモンのバランスを正しく保つためにもストレスを感じないように楽しい生活を送ることが大事ですね。

目が疲れる原因として、想定されるのは視力低下です。

筋肉の衰えにあわせるように、ピント調節の力も弱まるため、近くを見たあと遠くを見ると目がかすむ、なんてことがよくあります。

もとは、近視で目が悪くなってあわなくなって、疲れを感じるケースも多々あります。

また、歳をとるにつれ涙の量も減るので、目の疲れの原因はドライアイかもしれません。

ひどい眼精疲労を感じた場合は、婦人科ではなく眼科で相談してみるとよいでしょう。

更年期の症状は更年期と言われる40歳~55歳に、卵巣の機能低下で閉経になり、その閉経が原因で女性ホルモンの分泌量が減少して自律神経の働きが乱れ、頭痛や動悸、不眠やイライラなど、肉体的、精神的に本調子ではなくなってしまいます。

更年期(ゆらぎ期)を迎えるのはあなただけではありません。

まれに更年期にさしかかってもこのような症状が出ず、通常どおりに過ごせる女性もおられますが、多くの方がなんらかの症状に悩んでいます。

適度な運動を継続的に続けることで、「自分の感情をコントロールできない」「イライラ感」といった、更年期障害特有の不定愁訴を軽くすると認められているのです。

ただ、いきなり激しい運動をすることは、体調への影響が大きいのでしない方がよいでしょう。

軽めのジョギング、ウォーキングなど軽めの有酸素運動が良いというのが、正しい意見です。

「ほてり」と「のぼせ」をどうにかしたい!

顔や上半身がほてるんですよね。
でも、がまんできないほどではないです。
よくホットフラッシュで困ってる人の話を雑誌で読むけど、汗がだらだらでるまでにはなってないです。
私の場合はのぼせてる時間も長くて1時間くらいだから、わりと平気な部類かもしれない。
他の人の話を聞くと、3時間ぐらい続く場合もあるんだって。
その人は更年期外来でHRT(ホルモン補充療法)を受けてるらしいよ。
HRT治療を受けるには、最初は問診だけでじゃないんだって。
マンモグラフィーや内診もあるのでちょっと抵抗があるよね。
だったら、漢方薬の治療の方がいいかもしれないけど、漢方は飲むタイミングが微妙で、「食事と食事の間」なんてのもあるんだって。
働いていたら薬を飲むのも難しいから、私は無理かもしれないです。
治療しないとどうしようもない、という状況ではないのでちょっと様子をみてみます。