更年期」カテゴリーアーカイブ

漢方薬で更年期の症状を抑える治療?

漢方薬で更年期の症状を抑える治療はかなり以前からされているものですが、利点としては副作用が少ないこと、ということを認められています。

HRT療法では期待できない症状にも期待できるという点です。

しかし、更年期障害は症状の出方も程度も千差万別なので、その人の状態にあっている漢方薬を飲まねば症状は良くなりません。

更年期の治療に漢方を考えている場合は必ず婦人科や専門の漢方医などの診察を受けて、自分で判断せずに、処方された薬を飲んでください。

更年期とされる40歳から55歳くらいまでの期間にあらわれる症状ですが、これと同じ症状が20代~30代の若い女性に、でることがあります。

他人にはわかってもらいにくい体調不良なのですが、このような症状は若年性更年期障害と呼ばれています。

何より一番多い原因として、過度のストレスの溜め込みがあります。

通常の社会活動でのストレスが要因でホルモンバランスを崩してしまいがちになります。

女性の社会進出の増加など、時代の移り変わりとともに、ストレスにさらされる女性が増えてきているからでしょう。

ホルモンのバランスを正しく保つためにもストレスを感じないように楽しい生活を送ることが大事ですね。

目が疲れる原因として、想定されるのは視力低下です。

筋肉の衰えにあわせるように、ピント調節の力も弱まるため、近くを見たあと遠くを見ると目がかすむ、なんてことがよくあります。

もとは、近視で目が悪くなってあわなくなって、疲れを感じるケースも多々あります。

また、歳をとるにつれ涙の量も減るので、目の疲れの原因はドライアイかもしれません。

ひどい眼精疲労を感じた場合は、婦人科ではなく眼科で相談してみるとよいでしょう。

更年期の症状は更年期と言われる40歳~55歳に、卵巣の機能低下で閉経になり、その閉経が原因で女性ホルモンの分泌量が減少して自律神経の働きが乱れ、頭痛や動悸、不眠やイライラなど、肉体的、精神的に本調子ではなくなってしまいます。

更年期(ゆらぎ期)を迎えるのはあなただけではありません。

まれに更年期にさしかかってもこのような症状が出ず、通常どおりに過ごせる女性もおられますが、多くの方がなんらかの症状に悩んでいます。

適度な運動を継続的に続けることで、「自分の感情をコントロールできない」「イライラ感」といった、更年期障害特有の不定愁訴を軽くすると認められているのです。

ただ、いきなり激しい運動をすることは、体調への影響が大きいのでしない方がよいでしょう。

軽めのジョギング、ウォーキングなど軽めの有酸素運動が良いというのが、正しい意見です。